kenjiyokoo.com Blog


コレクターはお甘いのがお好き -ウェイン・ティボー-

Posted in New!,Uncategorized by Administrator on the May 11th, 2011

先日ニューヨークのザザビーズでアメリカの著名なコレクターでギャラリストであった故アラン・ストーン氏のコレクションがオークションで販売されると言うことでしたので、結果がどうなったかを楽しみにしていました。


[WAYNE THIEBAUD: Oil on board, 20.8 x 25.4 cm]

アラン・ストーン氏は1960年にそれまでの飽き飽きしていた会社顧問弁護士業に見切りをつけ、ニューヨークに会社の同僚から借入した5000ドルを元手にギャラリーを開始。勿論、1954年にまだ彼がハーバード大学の学生であった時に既に抽象表現主義で活躍するデ・クーニングの絵を購入しているぐらいですので、元々アートに対する眼を持っていた人だと思います。ギャラリーをオープンしてからはストーン氏は当時、一般にはまだまだよく理解されていなかった抽象表現主義のアートに夢中になり、次々に才能のあるアーティストを世に送り出していきました。同氏は2006年に亡くなられ、2007年にはニューヨーク、クリスティーズでストーン氏のコレクションが第一回目のオークションにかけられ、予想を上回る売上げを記録したのを覚えていらっしゃるコレクターの方もいらっしゃることかと思います。

2007年11月クリスティーズ「Selections From The Allan Stone Collection」より

[Willem de Kooning (1904-1997), Untitled, Oil on board, 115.3 x 120 cm, Painted in 1942]-530万5千ドルにて落札

[Franz Kline (1910-1962), Untitled, Oil on canvas, 198.1 x 182.8 cm, Painted in 1951]-279万2千ドルにて落札

さて、今回のオークションはストーン・コレクションの第2回目のオークションですが、その売却品の数は42品と多くはないものの、ストーン氏がその第一人者として知られた抽象表現主義をデ・クーニングとともに代表するフランツ・クラインの作品やストーン氏がディーラーとして発掘、亡くなるまでそのギャラリストとして代表していたウェイン・ティボーの作品が多く競売にかけられるとあり、予てより多くのコレクター達が待ち望んでいたものでありました。

この中で、特に注目を集めたのはウェイン・ティボーの作品が一挙に18点もオークションにかけられること。

ティボーは1920年アリゾナ生まれのアメリカ人画家。10代の頃ウォルト・ディズニー・スタジオでカートゥーンニストのアルバイトをし、1938-1949にはニューヨーク・カリフォルニアでカートゥーンニストとして働きました。また第二次世界大戦中の1942年から45年まではアメリカ空軍のアーティストとして仕事をしています。その後、幾つかのカリフォルニアの大学で教鞭をとっています。その期間ニューヨークで研究休暇をとっている時にデ・クーニングやクラインと友達になり、ロバート・リヒテンシュタインやジャスパー・ジョーンズといったポップアートや抽象アートの影響を強く受けることとなります。この頃から、ディボーの有名な基本的な図形に注目をおいたケーキやパイなどのティスプレーをモチーフに描き出します。その初期にはあまり注目されていなかったティボーですが1962年にはパサディナ美術館の「New Painting of Common Object」展においてリヒテンシュタイン、ウォーホールなどとともにその後のポップアート界を築いていくこととなりました。


さて、今回のストーン・コレクションのオークションの結果ですが、競売にかけられた42ロットのうち非落札の3品を除く販売で当初の予想販売総価格32.8-46.8百万ドルを大きく上回るバイヤーズプレミアムを含む54.81百万ドル(約45億円)の売り上げを記録しました。

この中でウェイン・ティボーの18作品は予想合計価格の12.8-18.3百万ドルが最終的には全作品が落札され、合計で27.5百万ドルとなりました。

現在90歳となるアーティストの最初の競売作品は「Four Pinball Machines (Study)」(1962年、28.3 x 31.1 cm、オイル・オン・キャンバス)で344万4500ドル(予想70-90万ドル)で落札。この作品はまだ当時無名であったティボーの最初のニューヨーク個展をストーン氏が開催した頃の作品でした。


[Four Pinball Machines (Study)]

その他、ポップ・アート的作品「Pies」(1961年、55.9 x 71.1 cm、オイル・オン・キャンバス)は電話による落札者に400万2500ドル(予想250-320万ドル)で、


[Pies]

また「Various Cakes」(1983年、63.5 x 58.4 cm、オイル・オン・キャンバス)と題された作品はバーグルエン・アートディーラーファミリーの20代の御曹司で最近ニューヨークのブラックロックグループのファイナンシャル・アーティストとして雇用されたアレックス・バーグルエン氏により299万4500ドル(予想120-180万ドル)で落札されました。経験豊富なニューヨークのディーラーデイビット・ナッシュ氏がこの若い購入者-伝説的な故ハインツ・バーグルエン氏の孫でサンフランシスコのギャラリスト、ジョン・バーグルエン氏の息子-の隣に座り落札を手助けしていたということで、ここでもまた世代交代が進んでいるのが見受けられました。


[Various Cakes]

ティボーの作品がこれほど多く一挙にオークションにかけられたのは初めてのことで、ディーラーの中ではこれがティボーの価格に悪影響(作品過剰による一時的な価格低下)があるのではと心配されていましたが、結果をあけてみるとこの通り、下がるどころかかなりの価格上昇を及ぼしたといってよいかと思います。この中で、ニューヨークとロサンジェルスのグッケンハイム・アッシャー・アソシエイツでアートアドバイザーをするバーバラ・グッケンハイム女史はティボーの1969年製作「Nude, Back View」(高さ72インチ、オイル・オン・キャンバス)を142万6500ドルで落札した後、「ティボーはそれだけでマーケットになれるの」、「この絵は(ティボーの中でも)とてもユニークなの」と彼女が落札した裸婦画を持ち帰りながら「フロイトとその他全てのもの同じレベルに凄いものなの」と述べています。

ティボーの作品は昨今では2010年9月のGoogle12周年の日に会社ロゴが

となっていたことで覚えていらっしゃる方もいらっしゃると思います。90歳を迎えた今日でも筆を握る力は衰えを見せません。これからも「コレクターはお甘いのがお好き」で人気は高まるばかりです。今回のオークションの結果を見てあらためてティボーの人をひきつける力にあらためて驚かされました。

サンフランシスコではSFMOMAにティボーの作品がパーマネントコレクションとして収蔵されています。もし機会があれば是非直接作品をご覧になってみて下さい。


[Wayne Thiebaud: Display Cakes, 1963, 71.12×96.52, oil on canvas] SFMOMA

東北地方太平洋沖地震の被害にあわれた方々へ、心よりお見舞い申し上げます。

Posted in Uncategorized by Administrator on the March 23rd, 2011

このたびの東北地方太平洋沖地震で被災された皆様には、
謹んでお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興を、
心よりお祈り申し上げます。

Davis&Davis ”Do Not Touch Doubtbul Things” (不審物にはお手を触れないで下さい。)

Posted in Uncategorized by Administrator on the December 16th, 2010

7月に来日されたDavis&Davisから、初来日の際に撮った一連の作品を”Do Not Touch Doubtful Things” (不審物にはお手を触れないで下さい)として発表しました。

皆さんも初めて訪れた所で(特に外国)、「え~、これって何~?!?」みたいな経験を持っていらっしゃることではないでしょうか? ですから、不思議な感覚をその作品に反映するアーティストとして有名なDavis&Davisが日本の「変」なものを彼らの感覚で面白く作品としてシリーズを創り出しました。

日本に住んでいると何にも変に思わないことでも、外国から来た人達には「一体これって何?!」みたいなものがたくさんあります。このシリーズのタイトルになっている”Do Not Touch Doubtful Things”も、東京の地下鉄のポスターに書かれていることなのです。日本語では「不審物にはお手を触れないで下さい。」というものです。英語に訳をされたこの”Do Not Touch Doubtful Things”を見た時に、Davis&Davisは「???」と思い、とってもそれが面白かったのだと思います。

これをもとに、彼らは日本で出会う、”Do Not Touch Doubtful Things”を撮りだしたのです。この翻訳は「不審物」を”Doubtful Things”としていて、それがけっして間違っているわけではありません。ただ、英語では普通不審物という意味では「Unattended Item」のように「誰もいないのに残されている物」みたいな表現をします。ですから、Davis&DavisはDoubtfulが持つ意味の「妖しい」、「微妙」、「訝しい」と思われるものに次々にシャッターをおろしていき、その結果これらのシリーズが生まれました。

Davis&Davisならではのユニークな視点とはじめての日本で色々なものを興味深く見ている彼らの作品をご覧下さい!

http://www.davisanddavis.org/dntdt/index.html

また、KYFAにて作成しました動画もあわせてご覧下さい!

ハーブ&ドロシー

Posted in Uncategorized by Administrator on the November 23rd, 2010

現在大変素晴らしいドキュメンタリー映画が上映されていますのでお知らせしたいと思います。

邦題「ハーブ&ドロシー」(Herb & Dorothy)はニューヨークに住む老夫婦。ハーブは郵便局員、またドロシーは図書館書司というけしてお金持ちとはいえない、この一見ごく普通の老夫婦が長年にわたり収集したアートコレクションが全米のアート世界を驚愕させることに!

慎ましい生活の中で約30年の歳月をかけ自分の気に入った作品をこつこつと買い集めていった二人。二人が買うアート作品の基準は2つ。1)自分達の給料の範囲で買える額であること、2)彼らの1LDKのアパートに収まるサイズの作品であること。

彼らのコレクションはその小さなアパートに4千点を超え、所狭しと並んでいる。またその作品は二人のコレクションが始まった1960年代からのモダンアートで、ミニマルアートやコンセプチャルアートという当時ではまだ評価の定まらないものであった。ほぼ毎日のように個展やアーティストのスタジオに足を運び実際に見て集めた。

また、買った作品は一度として売ったことはなく、彼らにとってはアートバブルも全く関係のないものだった。そのコレクションはいつしかアメリカのアート界でも有名になり、多くの美術館から譲渡の申し込みもあったが、最終的にはアメリカのナショナルギャラリーに寄贈。数点を売りさえすればすぐに億万長者になれるのに。。。寄贈を受けたナショナルギャラリーは二人が急に資金が必要になったときの為にと謝礼を払ったが、二人はそのお金でまたアート作品を買う…

この映画はドキュメンタリーで二人が住むアパートを映し出します。そこにはペットの猫や亀、金魚がいて壁はおろか、パスルームにまで作品が飾られています。美術館で見るのとは違い、二人のアパートにあるモダンアートの数々はとても人間的で暖かです。

私はこの二人のことをサンフランシスコにいるときにテレビのドキュメンタリーで知りました。映画になるよりもずっと前の話ですし、私自身もアートの仕事ではなく、普通の銀行員でした。でもその時に感じたセンセーションは今でも忘れられません。アートコレクションというと通常、大変裕福な人々がお金をかけコレクションしたものが多いのですが、彼らはまだそのアーティストが有名になる前からその才能に、その作品の素晴らしさに目をむけ、慎ましい生活の中からの資金で集めていったのです。その時に私が感じたことはアートコレクションというのは、自分の目を養いながら、自分の信じることをこつこつと続けていくことで、仮に大変裕福ではなくても出来るんだということでした。

そしてこの映画がまたその時に感じた私の感動を思い出させてくれました。皆さんももしチャンスがあれば是非この映画を見ていただきたいと思います。現在、東京渋谷のシアター・イメージフォーラムで公開中ですが、この後、順次日本各地で上映予定です。

映画の公式サイトは以下です。

http://www.herbanddorothy.com/jp/index.html

円高の利用とアート

Posted in New!,Uncategorized by Administrator on the October 28th, 2010

本日は昨今ニュースで大変にぎわっているトピック、「円高」をアート購入とあわせて考えてみたいと思います。

10月25日には15年半ぶりの円最高値(1ドル=80円45銭)をつけたとのニュースが聞かれました。1995年4月に史上最高値であった79.75円にも近づいたものでした。今週はほぼ81円台後半での取引となっています。

そしてこの状況でよく聞くのは日本の大産業が大変な損害を蒙っているという悪いニュース。実際にトヨタでは1円の円高は年間で約3百億円の減収に繋がります。しかしながら、円高であることで私達が受ける恩恵があるのも事実です。

例えば海外の資産を購入する場合、仮に1ドル=100円(2008年3月当時)だったものが現状の1ドル=81円となっている場合、同時100万円だったものが81万円で買えるという事になります。この2年半の間に19万円もお得になったといえます。

私がお奨めしているアート投資はこの状況の場合大変ベネフィットを受けることとなります。アートはご自分の眼でみて楽しめるものです。所有することで生活が楽しくなったり、充実したりと心の癒しに繋がります。しかも、資産価値があるものを購入した場合、将来の価値が上昇していることも多いのです。

KYFAでは米国のアート業界で十分に評価のあるアーティストの作品を多くご紹介させていただいております。著名なコーポレートコレクション、プライベートコレクション、美術館にての購入されているアーティストの作品を現状の円高を利用して、皆様のアセットポートフォリオにお考えになってはいかがでしょうか。

KYFA緊急ニュース!Davis&Davisご本人達がKYFAを訪問されます!

Posted in Uncategorized by Administrator on the June 26th, 2010

この度、KYFAがプロモートし、過去そのソロショーやTokyo Design Festaにて皆さんに多大なるご興味を戴いているロサンジェルス在住のアーティストDavis&Davisが7月3日に東京三田のKYFAにいらっしゃいます!

ご存知の方も多いと思いますが、アーティストDavis&Davisはスコット・デービスとデニス・デービス夫妻のアーティストデュオ。

お二人の来日に際し、KYFAではアーティストを囲んでの特別レセプションを7月3日午後6時から執り行います。これはアーティストご本人達に直接会えるという大変貴重な機会となります。この機会に是非彼らのユニークなビジョンや最新のシリーズのお話を直接聞いてみませんか?

当日のレセプションの準備の関係もあり、イベントへご参加をしていただける方はメールにてご連絡をお願い致します。

期日:2010年7月3日 午後6時~
場所:港区三田1-1-12 パシフィックタワー麻布十番2303
Mail: k_yokoo@kenjiyokoo.com
Web: http://invest-art.kenjiyokoo.com/

William Swanson & Patrick Wilson展の開催

Posted in Uncategorized by Administrator on the June 2nd, 2010

KFYAからのお知らせです。

来る6月19(土)、20(日)にWilliam Swanson & Patrick Wilson展を開催いたします。

ウィリアム・スワンソン(William Swanson)

自然とテクノロジーが不思議な融合を見せる抽象絵画で米国の現代アートシーンにその独特の領域を確立しているカリフォルニア在住アーティスト、ウィリアム・スワンソン。

パトリック・ウィルソン(Patrick Wilson)

洗練された色彩と光の積み重ねを通して見出される視覚的経験を抽象絵画で表すロサンジェルス在住のアーティスト、パトリック・ウィルソン。5月に発表されたオレンジ・カウンティ・ミュージーアム・アートの2010ビエンナーレ・カリフォルニアにて今最も注目されるアーティストの一人に選ばれました。サンフランシスコ有力新聞であるクロニクル紙にては「ジョセフ・アルバースの最も有名な作品『Homage to the Square』」を髣髴とさせるようなアーティストと絶賛しています。

この両アーティストの日本初となるアートショーをKYFAにて行います。

以下、詳細です。

2010年6月19日(土)18:00-21:00(レセプション・パーティー)
6月20日(日)12:00-17:00
上記以外の日時は予約制となります。

kenji yokoo fine arts (KYFA)
108-0073
東京都港区三田1-1-12
パシフィックタワー麻布十番 2303

Davis&Davis展 クロージングパーティー

Posted in Art exhibit,Uncategorized by Administrator on the December 14th, 2009

皆様に大変好評をいただきましたDavis&Davis展のクロージングに際し12月12日にレセプションを行いました。たくさんの方々にお越しいただき、同展のクロージングに相応しいものとさせていただくことができました。


Davis&Davis展は終了いたしますが、彼らの作品に関しましてご興味のある方は是非ご一報いただければと思います。

Davis & Davis展オープニングレセプション

Posted in Uncategorized by Administrator on the November 21st, 2009

Davis & Davis展 夜景

Davis & Davis展 夜景

去る11月14日に以前にもお知らせしておりましたDavis & Davis展のレセプションパーティーを開きました。
当日はあいにくの雨にもかかわらず、お陰さまで多くの皆様にご来場いただき、外のお天気を忘れさせるような熱気の中大変盛り上げていただきました。

会場ではDavis & Davisの「Childish Things」から5点、「Small Talents」より4点の作品を展示。来場いただいた皆様からはDavis & Davisの作品から感じられる印象やその撮影技術の面白さなどのトピックとともに、彼らのサイン入り「Childish Things」写真集の中の作品で今回は展示することの出来なかった作品にも大いに関心を抱いていただくことも出来ました。

Davis & Davis展は現在ご予約制により引き続き12月半ばまでご覧いただけます。また、「Childish Things」写真集(サイン入り、¥3,000/冊)も数に限りはありますがまだお求めいただけますので、ご興味のあられる方は是非ご連絡いただけると幸いです。

Davis & Davis展 展示風景

Davis & Davis展 展示風景

IMG_2840

アートコレクションの奨め

Posted in Uncategorized by Administrator on the November 3rd, 2009

皆さんは「アートコレクション」というコンセプトを考えたことがありますか?何も難しく考える必要はなくって、単にご自分の好きなアートを集める・所有することと思ってください。

私が常にお奨めしている「アートインベストメント」とは、このアートコレクションの方向性をもう少し将来性のあるものにしようというものです。「アート」作品に興味がある、またはすでに所有されている方ならお分かりになるかと思いますが、自分が好きなもの(自分に価値があるもの)を直にみたり、触ったりできることというのは心の癒しになります。それは例えば疲れて仕事から帰ってきたときにそのアートをみることによって気分転換になったり、そのアートを人にみてもらって自分が所有していることの喜びを感じたりすることだったりします。

まずはご自分が何に興味を持っているのか、何が好きなのかを考えてみて下さい。美術館、博物館、本、ウェッブ、色々なところに色々な「アート」が存在します。とにかくたくさんのものをみることをお奨めします。もし本やウェッブで見ただけであれば、今度は本物を見ることをお勧めします。やはり直にアートをみるのと間接的なメディアを通してみるのでは実際に感じるものが違うのがお分かりになると思います。

そのアートを通して感じるものとは何でしょう。製作したアーティストの情熱、喜び、悲しみ、またはご自分が直感的に感じるインプレッション、その時のご自分の気分、おかれている状況、それが思い出させる過去、または想像させる未来。アートを直接前にして感じるものは自分とアートとが作り出す貴重な瞬間だと思います。

そのような皆さんのアートが楽しむものだけではなく、金銭的にも価値が上昇していくものであればそのアートを所有することにさらに喜びが増すのではないでしょうか。アートは株、証券などの投資とは違い、価値がゼロになることはありません。所有することで毎日の生活をより豊かに出来るアートは素晴らしい自分自身への投資でもあるのです。

ただ、アート投資にも通常のストックマーケットと似ている部分もあります。それは、すでに価値が確立されていて安定しているもの(アートでいえばすでに名前の確立されたアーティスト)であったり、昨今のブームに乗って価値が上昇し続けているもの、上場したてでまだ価値の定まらないものまで、市場という意味では、証券であろうとアートであろうと相対的な価値が上下してしまうのは否めません。

とにかく、もしアートが好きな方が居られたら、まず自分のお好きなものを一度購入してみることだと思います。決して高価なものでならないのではなく、ご自分が好きで、この作品にならこれだけのものを費やすのは正しいと思えるものを購入してみるのです。アートは所有することで自分自身が持っている感性に本当にうったえる物となるのです。

前述のように、アート投資は金銭的な投資であると共に、自分自身への投資であるのだと思います。

Next Page »