kenjiyokoo.com Blog


史上最高額($4.3M[約3億3300万円])の写真!

Posted in New! by Administrator on the November 19th, 2011

去る11月8日にニューヨーク・クリスティーズで行われた「Post-War Contemporary Evening Sale」でドイツ現代写真家のアンドレアス・グルスキーの作品「Rhein II」が写真作品としては史上最高値の$4,338,500(約3億3300万円)で落札されました。

Andras Gursky: Rhein II

この記録の前の最高額は今年5月にシンディ・シャーマンの作品「Untitled #96」が付けた389万ドル(約3億円)でした。

Cindy Sharman: Untitled #96

実はシャーマンの同作品が最高値を塗り替える前はグルスキーの作品「99 Cent II Diptychon」が、2007年にロンドンのサザビーズで170万ポンド(334万ドル)で落札されて当時の記録作っていましたから、グルスキーの作品が高額で売買されるのは珍しいことではありません。

Andreas Gursky: 99 Cnet II Diptychon

(アート・フォト・サイトより抜粋参照)
アンドレアス・グルスキーは1955年ドイツのライプチヒ生まれ。父親は商業カメラマン。1978~1981年までエッセンの写真学校フォルクワンクシューレで学び、 1981年に前衛教育で有名なデュッセルドルフ美術アカデミーに入学します。彼の指導者はミニマルアートで知られるベッヒャー夫妻でした。ここでは 写真家であるとともに表現者としてのキャリア形成の重要性を教え込まれます。

1980年代後半には、広大な風景に人間が点在している焦点のない均一な作品を制作するようになります。 プールに点在するスイマー、山登りのハイカーなど、人間を風景の一部とした作品は初期の重要作として評価されています。

Andreas Gursky


Andreas Gursky


Andreas Gursky

グルスキーの事前に計算し尽くして撮影、制作された作品はベッヒャ-夫妻の影響をうかがわせます。1990年代以降、社会のグローバル化をモチーフとする表現を開始し、オフィスビル、巨大ホテル、ハイテク工場、港湾施設などを世界中で幅広く撮影するようになりました。

Andreas Gursky

Andreas Gursky


Andras Gursky


Andreas Gursky


Andreas Gursky


また、ポスト産業資本主義のグローバル経済が浸透した社会の代表的シーンを、多数の人が集まる、ロックコンサート、巨大ショッピング・モール、ディスカントショップ、証券取引所、サッカースタジアムに見出し作品を作り出します。

A

Andreas Gursky: Gocoon I


Andras Gursky: Cocoon II


Andras Gursky


Andreas Gursky: Kuwait Stock Exchange II

Andreas Gursky

個人が巨大消費社会の中の閉じられた空間で意味を与えられている状況を表現しています。現代社会のグローバル化経済に潜む覆い隠された本質を巨大で眩いカラー作品で表現することで一気に高い評価を受るようになります。 90年代を通してスティッチング技法、デジタル技術を駆使し試行錯誤を繰り返しながら超リアルで巨大な作品制作に挑戦しています。

Andras Gursky


Andras Gursky

2001年にはニューヨーク近代美術館で個展が開催されるとともに、 同年11月のクリスティーズ・ニューヨークのオークションでは「Montparnasse,1993」が予想落札価格のほぼ2倍の $600,000で落札され話題となります。さらに、先に述べたように2007年2月7日ササビース・ロンドンでの現代アートオークションで代表作の、 「99-Cent II, Diptych, 2001」 が170万ポンド(334万ドル)というオークションでの写真作品の最高落札価格で落札されました。

今回史上最高額の写真作品となった「Rhein II」は製作総数6のエディションで、そのうち、3つは公立美術館(ニューヨーク近代美術館、テート、ミュンヘンのピナコテーク・デア・モデルネ)、1つは私立美術館(ポトマックにあるグレンストーン)にあり、2つのみが個人コレクション用となっていて、この個人コレクションの1つがオークションにかけられました。

このニュースを聞いて「この作品は素晴らしい」、「グルスキーは凄い」といった称賛のコメントの一方、多くの人々が「この作品がこんな値段がするなんて信じられない」、「たかが写真がそこまでの価値があるのか」、「アート界は金持ちの浪費の場となっている」、等など、どちらかというと批判、否定的なコメントが目立ちました。

作品自体のアート性よりも、史上最高値ということが議論になっているように思えますが、アートの価値は常に見る者・所有する者の立場からなりなっているのが事実です。

ある意味、この作品の「殺風景な川の情景」にグルスキーが何を表そうとしたのか、何を見たのか、どうやってそれを表現したのかなどを見ていくと少し本作品の鑑賞のポイントになるかもしれません。

この作品のリサーチをしていくうちにYouTubeに掲載されている以下の動画を発見しました。

この動画の50秒頃から3分40秒頃までグルスキーとデュッセルドルフ芸術アカデミーで多大な影響を受けたベッヒャー夫妻のヒラ・ベッヒャー(以下、ベッヒャー夫人)が「Rhein II」の作品についてグルスキーと話をしています。
この動画はドイツ語ですので、動画の下に同部分の日本語訳を付記しましたのでもしよろしければお読み下さい。


*****************************
<ナレーション> ヒラ・ベッヒャーは、アンドレアス・グルスキーを彼のスタジオである写真倉庫に訪ねました。80年代前半に彼はデュッセルドルフ芸術アカデミーでヒラ・ベッヒャーの夫、ベルント・ベッヒャーに学びました。
[0’50”-1’37”]
<ベッヒャー夫人> 私はこの写真がとても好き。でも、夫のベルントはそれを好きではなかったので、私たちは彼と作品に関して戦いました。彼はこの写真があまりにも抽象的であり、故に感情に働きかけないと主張しました。私はもちろんこの写真が非常に抽象的だと思います。一つに観る人は明らかに現実にあった何かが消えているのに気が付きます。しかし、私は実際にライン川がどろどろしたヘドロやプリンのような地区を通るんですが、この作品の誇大抽象化がとても好きです。この写真は本当のライン川であるものを表現していると思います。
[1’37-2’24”]
<グルスキー> ヒラさんはこの写真からが何かが変更されているように感じると仰いましたよね。その感覚をより具体的に説明できますか?
<ベッヒャー夫人> 私はこの場所の辺りに何かが欠落しているように思います。何かを右に移しましたか?何か定規を使って描画したようになっていて、それは私には何もしていないなんて言うことは受け入れられないし、この部分は疑わしいほどスムーズになっていると思います。
<グルスキー> 事実としては、このイメージでは無駄を避けるための「掃除」をしています。ですから、以前の風景はこのようであったのでしょうが、今ここには石炭発電所が実際にはあるんです。
<ベッヒャー夫人> それだけですか?
[2’24″〜3’00”]
<グルスキー> いいえ、それだけではありません。
<ベッヒャー夫人> 例えば、この前方とこの辺りに?
<グルスキー> いいえ、前景の部分、道路や水へ入る辺りは完全に未処理です。
<ベッヒャー夫人> ええ?それは信じられないわ?
<グルスキー> 本当ですよ。私はこの場所に行き、写真を撮っただけなんです。これは私のジョギングのコースで、とてもよくこの場所を知っています。この写真を撮ると決め、最初のコンタクトシートを見たとき、私の最初の印象が全く上手く出ていませんでした。そしてその最初の印象を苦労して復元・表現・製作したのです。
[3’00”-3’40”]
<グルスキー> この作品の制作を始めた時、川に向かってスライドさせながらいつも東風が吹いていて、水面がとてもスムーズでした。しかし、私は水面が粗れているのが欲しかったんです。そのために反対方向から非常にこだわった風が必要だったんです。
<ベッヒャー夫人> まさにそれがあなたが何かをそっと混じりこませることが出来るからこんなに美しい写真を撮ることが出来るんでしょうね。でもそれを起こらせるのはとても忍耐が必要で、単に偶然に何かが起きるのを望んでできるものではないのですよね。

*******************************

このように、グルスキーはライン川というドイツ人にとってはとても身近な自然を自分がジョギングをしている場所でインスピレーションを得、それをこの作品に表現するために様々な試行錯誤を重ね、高度な写真処理技術を駆使してこの作品を作り上げています。

空、対岸の緑の土手、波打つ川、手前の緑の土手と灰色の道。動画でご覧いただけるように、本作品は巨大(73 x 143 in. (185.4 x 363.5 cm))です。

通常私たちの眼が風景をとらえる時にはそこに見える全てに焦点が合っているわけではありません。それに対しグルスキーの作品は通常、人間の目では見えない俯瞰撮影と画面全部に細部にまで焦点を合わせることによって生まれる非現実感を生み出させています。見る人は作品の前でしばし足を止め、作品を眺めることとなります。その時に体感する不思議な、平衡感覚を失うような感覚はグルスキーが創り出す、具象でありながら抽象性を秘めた作品ならではなのだと思います。

今回、写真作品の史上最高値を更新したこともさることながら、グルスキーはまだ存命中のアーティストです。

グルスキーはまだ56歳。これからどのような作品を世に送り出していくのか、私は楽しみにしています。

Leave a Reply