kenjiyokoo.com Blog


J. ポール・ゲッティーミュージアムとハーブ・リッツ

Posted in コレクション,New! by Administrator on the August 12th, 2011

ロサンジェルスのJ. ポール・ゲッティーミュージアムがファッション・ポートレート・フォトグラファーとして有名なハーブ・リッツ(1952‐2002)の69作品を同ミュージアムのコレクションとして入手したことがハフィントン・ポストに掲載されました。

Self Portrait

ハーブ・リッツは1952年カリフォルニア生まれで、大学で経営学を学んだあと、家業の家具店の経営を始めました。1977年に当時はまだ無名であったリチャード・ギア(映画アメリカンジゴロは1980年)のスナップ写真がきっかけとなりプロのフォトグラファーとしてデビューすることとなります。

Richard Gere

1980年代の半ばにはアメリカの超有名人達、シルベスタ・スタローン、マドンナ、ジャック・ニコルソン等のポートレートが高く評価されるところとなり、ハーブ・リッツ独特な透明感・みずみずしさといったスタイルが確立されました。


それからは有名雑誌、ヴァニティー・フェアー、ヴォーグ、GQ、ローリング・ストーンなどのカバーを飾りました。ハーブ・リッツが創り上げたファッション、コマーシャリズム、アートを融合させた写真はファッション雑誌で彼の作品を目にしないことはないくらいの人気でした。

しかし、2002年12月にハーブ・リッツはそのキャリアの最頂点にいる時、突然肺炎合併症で若干50歳で亡くなりました。

ゲッティーミュージーアムで写真部シニア・キュレーターのジュディス・ケラー女史は「ファッション界で芸術と商業の垣根を曖昧にするところとなったハーブ・リッツの重要なコレクションを入手できたことを大変喜んでいます。」「このコレクションのお陰でゲッティーミュージアムのファッション・フォトグラフィー部門が充実するとともに、ロサンジェルスを拠点とするアーティストの作品を収集するという私たちのコミットメントも満たすものです。」と述べています。

また、今回の作品収蔵にあたり多くの作品を寄付したハーブ・リッツ財団のディレクター、マーク・マッケイナ氏は「ハーブ・リッツはロサンジェルスの生活を余すところなく取り入れ、それが彼の作品に明確に表されています。」、「ハーブ・リッツの作品が権威のあるゲッティーミュージアムに収蔵されその場所が彼が愛してやまなかったロサンジェルスになるということはなんと素晴らしいことでしょう。」と言っています。

収蔵作品の主なものは芽を出し始めたばかりの新しいアメリカのヒーローを写し出した「Richard Gere」(1977年、サン・ベナーディノ市にて撮影)、

アメリカ人オリンピック飛び込み競技メダリストのポートレート作品、「Greg Louganis」 (1985年、ハリウッドにて撮影) 、

Greg Louganis

日本人ファッションデザイナー、三宅一生のドレスを写した「Wrapped Torso」(1988年、ロサンジェルスにて撮影)、

Wrapped Torso

Wrapped Torso

スーパーモデルの時代を確立させるかのような超有名ファッションモデルのグループポートレート作品「Stephanie, Cindy, Christy, Tatjana, Naomi」 (1989年、ハリウッドにて撮影)、

Stephernie, Cindy, Christy, Tatijana, Naomi

ヴェルサーチの最初のクチュールカタログを飾った作品「Veiled Dress」(1990年、エルミラージュ市にて撮影)や

Veiled Dress

世界的な舞踏家「Bill T. Jones」をシリーズで写し出した作品などです。

Bill T. Jones Ascent of Man

今回コレクションされる作品中には今迄展示、オリジナルプリント製造されたことがなく、ハーブ・リッツ財団に収められている以外には外に出たことがない作品などを含んでいます。

今回のゲッティーミュージアムのハーブ・リッツコレクション収蔵で、ロサンジェルスのアートシーンにまた新しいアトラクションが増えたことは間違いないような気がします。

Leave a Reply