kenjiyokoo.com Blog


エゴン・シーレの作品がロンドン・サザビーズで史上最高値を更新

Posted in New! by Administrator on the June 29th, 2011

二十世紀初頭のオーストリア人画家、エゴン・シーレの作品”Huser mit bunter Wasche ‘Vorstadt’ II”(カラフルな洗濯物がある家々 ‘郊外’ II)が6月23日のサザビーズ・ロンドンにて24.7百万ポンド(約32億円)で落札され、シーレの作品としては史上最高額となりました。

          

オークションの予想落札価格が22百万‐30百万ポンドでしたので、予想価格の下の方の落札ではありましたが、2009年に一旦冷えたアート市場の回復を裏付けるものとなりました。

この作品は1914年に描かれ、1918年に28歳でスペイン風邪にて夭折したシーレの最も活躍した時代の物といえます。

このオークションの売り上げは所有者のレオポルド美術館とシーレの1912年の作品”Wally”(ウォリーの肖像)の元の持ち主で第二次世界大戦中にナチスにより作品を略奪されたボンディ家の相続者に支払う和解金として使用されるそうです。

          
          [Portrait of Wally]

過去10年間では2006年に22.4百万ドルで落札された作品を含む(シーレ作品の最高額)わずか3枚のシーレの風景画しかオークションで取引されておらず、大変貴重な販売だったといえます。

因みに、同日に行われた印象派と現代アートの販売総額は97百万ポンドでした。また21日の行われたクリスティーズの同様なオークションでは140百万ポンドの売り上げでしたので、金融危機前のレベルにほぼ戻った結果といえると思われます。

エゴン・シーレは日本でも人気のあるアーティストですが、当時盛んであったグスタフ・クリムトらのウィーン分離派、象徴派、オスカー・ココシュカに代表される表現主義のいずれにも属さず、独自の芸術を追求した画家でした。シーレと同時期の画家グスタフ・クリムト(28歳年上)の作品が美しいエロスを表現した妖しく装飾的な美であるのに対し、シーレの作品は同じ人間のエロスでも極端にディフォルメされた身体に生々しい性を表現したものとなっています。

          
               
          

シーレの作品を見ると、美しくかつグロテスクであるところに人間の内面を描き出す不思議な魅力に心を打たれます。あからさまに表現される人間の性と生。また生まれてきたものが必ず出会う死。シーレの独特な表現は百年の時を経ても私達に衝撃を与えるものです。

          
               

シーレが自画像のためのスケッチに於いて述べている言葉が大変印象的ですのでこちらで紹介いたします。

「僕は思う。現代的な”芸術などありはしない。在るのはただ一つの芸術、永遠に続く芸術だけである。」 

          

Leave a Reply