kenjiyokoo.com Blog


マリリン・モンロー「伝説の白いドレス」

Posted in コレクション,New! by Administrator on the June 22nd, 2011

さて、本日は先日6月18日にカリフォルニア州、ビバリーヒルズで行われたオークション(競売会社プロファイル・イン・ヒストリー)で、映画「七年目の浮気」でマリリン・モンローが着用したドレスが460万ドル(約3億7千万円)で、予想落札価格の100万‐200万ドルを大きく上回り落札されました。

     

ニューヨークの歩道にある地下鉄通気口から巻き上げられる風でふわっと浮かび上がりモンローの魅惑的な脚が露わになるシーンは映画好きの人でなくともよくご存じのことかと思います。

このドレスは映画撮影の為にアカデミー衣装デザイン賞を受賞したデザイナー、ウイリアム・トラヴィラによってデザインされたもの。人絹(アセテート)製の白いプリーツスカートはマリリン・モンローのまねをする人がよく着ているので有名ですよね。

ウィリアム・トラヴィラはこの「七年目の浮気」の白いドレスに代表されるドレスの他に、「百万長者と結婚する方法」、「帰らざる河」など、モンローのセクシーな魅力を引き出す衣装のほとんどを彼が手掛けました。

このドレスは女優でハリウッド映画衣装のコレクターであるデビー・レイノルズ(「雨に歌えば」でジーン・ケリーと共演)がその他のハリウッド映画メモラビリアとともにオークションに出品したものです。デビー・レイノルズは1971年に20世紀フォックスからマリリンの衣装を全て購入した際、このドレスを手に入れていました。

このドレスにはいわくがあり、「七年目の浮気」でのこの白のドレスのシーンを見て激怒した当時の夫、ジョー・ディマジオはこの一件の2週間後マリリン・モンローと離婚してしまいました。

またこのオークションではマリリン・モンローの衣装では「紳士は金髪がお好き」で着用した赤のスパンコールドレスが予想落札価格の20万‐30万ドルを大きく上回る147万ドルで落札されたほか、

「ショウほど素敵な商売はない」と「帰らざる河」の衣装も合計120万ドルの値が付きました。

                
              

これまでのマリリン・モンローの衣装では1999年にオークションにかけられた1962年5月にジョン・F・ケネディー大統領の誕生日の際「ハッピー・バースデー」を歌った時に着用していた白いドレスが126万ドルで落札されたのが最高の額でしたから、その記録を大きく塗り替えたといってもいいでしょう。

因みに今回の「七年目の浮気」の白いドレスは電話でのビッターに落札され、オークションハウスへの手数料と税金を合わせると546万ドル(約4億3700万円)です。落札者の身元は非公開なので判りませんが、大変高いドレスの買い物であったことは確かですね。

他にもオードリー・ヘップバーンが「マイ・フェア・レディ」のアスコット競馬場でのシーンで着用したドレスも370万ドル(約2億9700万円)(予想落札価格20万‐30万ドル)、

エリザベス・テイラーが1944年の映画「緑園の天使」で着用した乗馬競技用の衣装が6万ドル(約480万円)、「クレオパトラ」の髪飾りが10万ドル(約8000万円)、

ジュディ・ガーランドが「オズの魔法使い」のスクリーンテストで着用したドレスとルビー色の靴がまとめて175万ドル(約1億4000万円)、

               
          

グレース・ケリーが「泥棒成金」で着用した衣装が45万ドル(予想落札価格3万‐5万ドル)、

ルドルフ・ヴァレンティノが「血と砂」(1922年)で着ていた衣装が25万8000ドル、

               

チャーリー・チャップリンが「チャップリンの失恋」でかぶっていた山高帽は13万5300ドル、

               

ゲイリー・クーパーの「ヨーク軍曹」(41年)の衣装が6万7650ドル、

               

マーロン・ブランドが「王妃デジレ」で着用した戴冠式での衣装が6万ドル、

               

マドンナが「エビータ」で着用した黒のイブニングドレスと靴が2万2500ドル、

               

マイク・マイヤーズが「オースティン・パワーズ:デラックス」で着用した衣装が1万1000ドルで落札されました。

               

今回のオークションの総売り上げは2280万ドルという結果でした。

現在ハリウッド(映画)関連のメモラビリアは大変高い価格帯で推移しています。やはり人気のあった映画、オスカーを受賞した映画の衣装や小道具などは大変強く、男優の物よりも女優の物の方が価格帯が高いように思われます。また、このようなメモラビリアの場合はドキュメンテーションとコンディションが大変重要です。

今回は往年のハリウッド映画関連メモラビリアのオークションでしたが、また面白いオークションがありましたらご紹介致しますね。

Leave a Reply