kenjiyokoo.com Blog


サンフランシスコのアート・ウィークがいよいよ始まります!

Posted in Art exhibit,New! by Administrator on the May 18th, 2011

今月、5月19日から来月6月5日まで、サンフランシスコで3つの大きなアートショーが始まります。


昨年のSan Francisco Fine Art Fair (SFFAF)に加え、今年は新しく2つのイベントartMRKTとArtPadSFが同時期に開催されるのです。3つのアートショーではサンフランシスコの86ギャラリーをはじめ世界中から164のアートギャラリーがこのイベントに参加します。

artMRKT(http://www.art-mrkt.com/sf/show-information)はサウスオブマーケット(SOMA)のConcourse Exhibition Hallにて65ギャラリーがモダン+現代アート作品を紹介・販売します。アメリカではやはり何と言ってもニューヨークやマイアミのアートショーが有名ですが、やはりシリコンバレーを控えたサンフランシスコは将来のコレクターになっていくであろう若く、資産を持った人々が多く存在し、その人達に身近にモダン+現代アートを楽しんでもらおうというのが大きな狙いとしてあると思われます。

どうしてもニューヨークやマイアミとなると超がつくギャラリーが出店しますので、それなりに敷居が高いアートショーになってしまいがちですが、やはりこれからのコレクターをメインターゲットにと考えているサンフランシスコのアートショーはイベントもユニークなものが目立ちます。

ArtPadSF(http://artpadsf.com/)は、1956年に建てられたミッドセンチュリーなモーテルをブティックホテルとして甦らせ、現在40ものアーティスティックなブティック・ホテルグループを持つJoie de Vivreグループが手掛けるもの。3つのアートイベントの中では唯一サンフランシスコを本拠にしたイベントグループです。今回、彼らがそのアート展示会場とするのが、その1956年に建てられ、国内外のアーティスト達(有名な人たちをいくつか挙げるとすると、カート・コバーンとコートニー・ラブ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、パール・ジャム、カレン・フィンレイ、デビット・ホックニー、ジェフ・クーンズ、アラン・セラノ等など)が滞在し、サンフランシスコの中でもヒップなホテルとして知られる「フィネックス・ホテル」。このホテルの客室を個々のギャラリーにより一部屋一部屋を展示会場にしてしまいました。このホテルの部屋は一面がガラスになっているので、外からはウンドウ・ショッピングをするかのように、もっと詳しく見たければ部屋の中へ入って作品を見るという趣向になっています。

こちらにはKYFAが協賛するMarx&Zavatteroギャラリーも出店をしています。オープニングレセプションに招待されているので、19日の夜に伺ってきます。そしてその模様をぜひ皆さんにお伝えしたいと思います。

SF Fine Art Fair (SFFAF)(http://www.sffineartfair.com/show-information)は今年で2年目。サンフランシスコのフォートメイソンという旧米国海軍施設だった建物を大きなイベント会場にして約60のギャラリーがモダン・コンテンポラリーアートを中心に展示販売します。ここからはゴールデンゲートブリッジも眺めることができ、とてもサンフランシスコらしい所です。

今週から始まるサンフランシスコのアートウィーク。次回のブログはいろんな展示のご報告をしたいと思います!お楽しみに!

Leave a Reply