kenjiyokoo.com Blog


アバンギャルドな一夜(ArtPadSFオープニング)

Posted in Art exhibit,New! by Administrator on the May 27th, 2011

さて、先週皆さんにお知らせしていましたサンフランシスコのアートウィークのレポートです。

ArtPadSFのオープニングレセプションに招待され、大変アバンギャルドな体験をして参りました。

ArtPadSFは今年が第一回目のアートショーでしたので、果たしてどんなものになるのか興味津々でした。同時に開催されている2つのアートショーとは違って、多くはアップ・カミング(これから期待される若いアーティスト)の作品を扱うギャラリーが多くを占める、ある意味大変元気のあるアートショーです。

前回のブログでお話していた通り、会場は1950年代のモーテルを改装してアーティストに人気のあるフィネックス・ホテルです。場所はサンフランシスコをご存知の方にはよくわかると思いますが、シビックセンター近くの「テンダーロイン」地区。どちらかというとあまり治安が良くないといわれる場所ですが、ホテルの中は別世界。受付を抜けるとそこは大きな中庭があり、中央にはブルーのプールがあります。アートショーに際し、照明などが工夫されとても芸術的な雰囲気でした。

中庭ではアートショーの開催中、パフォーマンスアートが行われていて面白かったです。中でも私が会場に着いてすぐ始まったSha Sha Higby(シャシャ・ヒグビー)さんのパフォーマンスは強烈に印象に残るものでした。

今回、初めて彼女のパフォーマンスを見たのですが、最初に目に入るのはそのコスチューム。彼女が製作するコスチュームは仮面、花や昆虫の触覚、繭、クモの糸、霞、樹木の枝、木の葉、等など、様々な具象・抽象の物体が、奇妙に、また美しく、パフォーマンスをする彼女の身体全体を覆います。それは美しくて、かつ怪奇に満ちていて、自分が夢の中にいるかのような錯覚を覚えるほどです。

そして、彼女の動き(パフォーマンス)がまた凄いのです。そろり、そろりと動きながら、そのコスチュームが微妙に揺れ動き、その手、頭、腕、脚が何とも表現のし難い、なだらかなダンスとなっているのです。どこか寂しような、懐かしいような、笛、鐘などの音楽に合わせながら、実に巧妙です。

彼女のパフォーマンスの時間はもうすぐ日が落ちそうな頃。これから一体何が始まっていくのか、見ているうちに時間を忘れシャシャ・ヒグビーの幻想世界へ迷い込んでしまったような感じでした。

後から調べて分かったのですが、彼女は大学卒業後、日本に1年ほど滞在。その後インドネシア、インドなどで漆芸、人形制作、伝統舞踊を学んだそうです。そのパフォーマンスには日本の能やインドネシアなどの伝統舞踊に影響を受けたとのこと。彼女のパフォーマンスの動きは確かに日本の能の舞の、うちに込められた感情の動き等を上手く取り入れていると思われます。また、決してそれ自体に表情があるとは言い難い仮面が、ある時は哀しそうに、ある時は情にあふれんばかりに見えるのも、やはり能の影響と判りました。

実を言いますと、彼女のパフォーマンスに引き込まれてしまい、動画で映すのを忘れてしまっていました。それで、当日の物ではないですが、彼女のパフォーマンスが動画になったものを以下に載せさせていただきます。内容も違えば、舞台と野外でのパフォーマンスの差もありますが、当日の雰囲気が少しでもわかっていただくのに役につ立つかと思います。

さて、このパフォーマンスを見た後はそれぞれのギャラリーが展示するアーティストの作品を見て回りました。


やはりアップカミングのアーティストを前面に出すショーでしたので、その作品は様々な分野に及んでいました。展示の仕方もホテルの部屋だったとは思えぬほど全ての物を部屋から排除したものから、ホテル部屋そのもののを使い、まるで自分の部屋にいるかのように作品を展示したものまでいろいろです。

しかし、来場者の人達を見てみると、新しいアーティストを発見しようということなのか、メジャーな美術館のキュレーターや著名なアートコレクターなどもよく見かけました。

KYFAが提携するMarx&Zavatteroギャラリーもマット・ギルの作品を部屋の外に飾り、中にはウィリアム・スワンセン、アンドリュー・ショルツ、リビー・ブラック、スティーブン・ジアネッティ、ジェームス・ゴーベル等などの作品が展示され、一時は中に人が入りきれないくらいに好評をきしていました。

このようにしてArtPadSFのオープニングレセプションは夜遅くまで様々なパフォーマンスも行われ、それぞれのギャラリーにも絶えることなく人々であふれ、本当に賑やかで面白いものでした。様々なアップ・カミングなアーティスト達の作品を一堂にしてみることができるArtPadSFはこれからも期待できるアートショーになるようです。

サンフランシスコのアート・ウィークがいよいよ始まります!

Posted in Art exhibit,New! by Administrator on the May 18th, 2011

今月、5月19日から来月6月5日まで、サンフランシスコで3つの大きなアートショーが始まります。


昨年のSan Francisco Fine Art Fair (SFFAF)に加え、今年は新しく2つのイベントartMRKTとArtPadSFが同時期に開催されるのです。3つのアートショーではサンフランシスコの86ギャラリーをはじめ世界中から164のアートギャラリーがこのイベントに参加します。

artMRKT(http://www.art-mrkt.com/sf/show-information)はサウスオブマーケット(SOMA)のConcourse Exhibition Hallにて65ギャラリーがモダン+現代アート作品を紹介・販売します。アメリカではやはり何と言ってもニューヨークやマイアミのアートショーが有名ですが、やはりシリコンバレーを控えたサンフランシスコは将来のコレクターになっていくであろう若く、資産を持った人々が多く存在し、その人達に身近にモダン+現代アートを楽しんでもらおうというのが大きな狙いとしてあると思われます。

どうしてもニューヨークやマイアミとなると超がつくギャラリーが出店しますので、それなりに敷居が高いアートショーになってしまいがちですが、やはりこれからのコレクターをメインターゲットにと考えているサンフランシスコのアートショーはイベントもユニークなものが目立ちます。

ArtPadSF(http://artpadsf.com/)は、1956年に建てられたミッドセンチュリーなモーテルをブティックホテルとして甦らせ、現在40ものアーティスティックなブティック・ホテルグループを持つJoie de Vivreグループが手掛けるもの。3つのアートイベントの中では唯一サンフランシスコを本拠にしたイベントグループです。今回、彼らがそのアート展示会場とするのが、その1956年に建てられ、国内外のアーティスト達(有名な人たちをいくつか挙げるとすると、カート・コバーンとコートニー・ラブ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、パール・ジャム、カレン・フィンレイ、デビット・ホックニー、ジェフ・クーンズ、アラン・セラノ等など)が滞在し、サンフランシスコの中でもヒップなホテルとして知られる「フィネックス・ホテル」。このホテルの客室を個々のギャラリーにより一部屋一部屋を展示会場にしてしまいました。このホテルの部屋は一面がガラスになっているので、外からはウンドウ・ショッピングをするかのように、もっと詳しく見たければ部屋の中へ入って作品を見るという趣向になっています。

こちらにはKYFAが協賛するMarx&Zavatteroギャラリーも出店をしています。オープニングレセプションに招待されているので、19日の夜に伺ってきます。そしてその模様をぜひ皆さんにお伝えしたいと思います。

SF Fine Art Fair (SFFAF)(http://www.sffineartfair.com/show-information)は今年で2年目。サンフランシスコのフォートメイソンという旧米国海軍施設だった建物を大きなイベント会場にして約60のギャラリーがモダン・コンテンポラリーアートを中心に展示販売します。ここからはゴールデンゲートブリッジも眺めることができ、とてもサンフランシスコらしい所です。

今週から始まるサンフランシスコのアートウィーク。次回のブログはいろんな展示のご報告をしたいと思います!お楽しみに!

コレクターはお甘いのがお好き -ウェイン・ティボー-

Posted in New!,Uncategorized by Administrator on the May 11th, 2011

先日ニューヨークのザザビーズでアメリカの著名なコレクターでギャラリストであった故アラン・ストーン氏のコレクションがオークションで販売されると言うことでしたので、結果がどうなったかを楽しみにしていました。


[WAYNE THIEBAUD: Oil on board, 20.8 x 25.4 cm]

アラン・ストーン氏は1960年にそれまでの飽き飽きしていた会社顧問弁護士業に見切りをつけ、ニューヨークに会社の同僚から借入した5000ドルを元手にギャラリーを開始。勿論、1954年にまだ彼がハーバード大学の学生であった時に既に抽象表現主義で活躍するデ・クーニングの絵を購入しているぐらいですので、元々アートに対する眼を持っていた人だと思います。ギャラリーをオープンしてからはストーン氏は当時、一般にはまだまだよく理解されていなかった抽象表現主義のアートに夢中になり、次々に才能のあるアーティストを世に送り出していきました。同氏は2006年に亡くなられ、2007年にはニューヨーク、クリスティーズでストーン氏のコレクションが第一回目のオークションにかけられ、予想を上回る売上げを記録したのを覚えていらっしゃるコレクターの方もいらっしゃることかと思います。

2007年11月クリスティーズ「Selections From The Allan Stone Collection」より

[Willem de Kooning (1904-1997), Untitled, Oil on board, 115.3 x 120 cm, Painted in 1942]-530万5千ドルにて落札

[Franz Kline (1910-1962), Untitled, Oil on canvas, 198.1 x 182.8 cm, Painted in 1951]-279万2千ドルにて落札

さて、今回のオークションはストーン・コレクションの第2回目のオークションですが、その売却品の数は42品と多くはないものの、ストーン氏がその第一人者として知られた抽象表現主義をデ・クーニングとともに代表するフランツ・クラインの作品やストーン氏がディーラーとして発掘、亡くなるまでそのギャラリストとして代表していたウェイン・ティボーの作品が多く競売にかけられるとあり、予てより多くのコレクター達が待ち望んでいたものでありました。

この中で、特に注目を集めたのはウェイン・ティボーの作品が一挙に18点もオークションにかけられること。

ティボーは1920年アリゾナ生まれのアメリカ人画家。10代の頃ウォルト・ディズニー・スタジオでカートゥーンニストのアルバイトをし、1938-1949にはニューヨーク・カリフォルニアでカートゥーンニストとして働きました。また第二次世界大戦中の1942年から45年まではアメリカ空軍のアーティストとして仕事をしています。その後、幾つかのカリフォルニアの大学で教鞭をとっています。その期間ニューヨークで研究休暇をとっている時にデ・クーニングやクラインと友達になり、ロバート・リヒテンシュタインやジャスパー・ジョーンズといったポップアートや抽象アートの影響を強く受けることとなります。この頃から、ディボーの有名な基本的な図形に注目をおいたケーキやパイなどのティスプレーをモチーフに描き出します。その初期にはあまり注目されていなかったティボーですが1962年にはパサディナ美術館の「New Painting of Common Object」展においてリヒテンシュタイン、ウォーホールなどとともにその後のポップアート界を築いていくこととなりました。


さて、今回のストーン・コレクションのオークションの結果ですが、競売にかけられた42ロットのうち非落札の3品を除く販売で当初の予想販売総価格32.8-46.8百万ドルを大きく上回るバイヤーズプレミアムを含む54.81百万ドル(約45億円)の売り上げを記録しました。

この中でウェイン・ティボーの18作品は予想合計価格の12.8-18.3百万ドルが最終的には全作品が落札され、合計で27.5百万ドルとなりました。

現在90歳となるアーティストの最初の競売作品は「Four Pinball Machines (Study)」(1962年、28.3 x 31.1 cm、オイル・オン・キャンバス)で344万4500ドル(予想70-90万ドル)で落札。この作品はまだ当時無名であったティボーの最初のニューヨーク個展をストーン氏が開催した頃の作品でした。


[Four Pinball Machines (Study)]

その他、ポップ・アート的作品「Pies」(1961年、55.9 x 71.1 cm、オイル・オン・キャンバス)は電話による落札者に400万2500ドル(予想250-320万ドル)で、


[Pies]

また「Various Cakes」(1983年、63.5 x 58.4 cm、オイル・オン・キャンバス)と題された作品はバーグルエン・アートディーラーファミリーの20代の御曹司で最近ニューヨークのブラックロックグループのファイナンシャル・アーティストとして雇用されたアレックス・バーグルエン氏により299万4500ドル(予想120-180万ドル)で落札されました。経験豊富なニューヨークのディーラーデイビット・ナッシュ氏がこの若い購入者-伝説的な故ハインツ・バーグルエン氏の孫でサンフランシスコのギャラリスト、ジョン・バーグルエン氏の息子-の隣に座り落札を手助けしていたということで、ここでもまた世代交代が進んでいるのが見受けられました。


[Various Cakes]

ティボーの作品がこれほど多く一挙にオークションにかけられたのは初めてのことで、ディーラーの中ではこれがティボーの価格に悪影響(作品過剰による一時的な価格低下)があるのではと心配されていましたが、結果をあけてみるとこの通り、下がるどころかかなりの価格上昇を及ぼしたといってよいかと思います。この中で、ニューヨークとロサンジェルスのグッケンハイム・アッシャー・アソシエイツでアートアドバイザーをするバーバラ・グッケンハイム女史はティボーの1969年製作「Nude, Back View」(高さ72インチ、オイル・オン・キャンバス)を142万6500ドルで落札した後、「ティボーはそれだけでマーケットになれるの」、「この絵は(ティボーの中でも)とてもユニークなの」と彼女が落札した裸婦画を持ち帰りながら「フロイトとその他全てのもの同じレベルに凄いものなの」と述べています。

ティボーの作品は昨今では2010年9月のGoogle12周年の日に会社ロゴが

となっていたことで覚えていらっしゃる方もいらっしゃると思います。90歳を迎えた今日でも筆を握る力は衰えを見せません。これからも「コレクターはお甘いのがお好き」で人気は高まるばかりです。今回のオークションの結果を見てあらためてティボーの人をひきつける力にあらためて驚かされました。

サンフランシスコではSFMOMAにティボーの作品がパーマネントコレクションとして収蔵されています。もし機会があれば是非直接作品をご覧になってみて下さい。


[Wayne Thiebaud: Display Cakes, 1963, 71.12×96.52, oil on canvas] SFMOMA

Matt Gil(マット・ギル)「バラエティ・パック」展のお知らせ

Posted in Art exhibit,New! by Administrator on the May 3rd, 2011

KYFAが提携する、サンフランシスコ、Marx&Zavatteroギャラリーにて4月30日より始まったMatt Gil(マット・ギル)「バラエティ・パック」展のオープニングレセプションに行ってまいりましたので、皆さんにご紹介いたします。

マット・ギルはカリフォルニア州サンノゼ市出身。アルミニュウムをベースに刺激的な色彩を施した大きな彫刻作品で有名なアーティストです。


「マット・ギル: 2002年 Yahooコレクション、カリフォルニア州 Sunnyvale市」

今回のMarx&Zavatteroに於ける個展では、従来の流れを汲む作品から、セラミック作品、アルミニュウムや鉄などの金属をアスファルトに浸し独特の光沢を持たせた新しい、実験的な作品まで色々なミディアを使用した作品群で、「バラエティ・パック」展と題されています。また、マット・ギルの製作・思考過程を鑑賞者にも味わって頂けるように、初めて作品製作過程におけるメモ、ドローイング、スケッチなどを収めた作品手帳が同時に展示され、マット・ギル・ワールドを様々に楽しんで頂ける企画となっております。

マット・ギルは大きいモニュメント的な作品がSFMOMAやバンクオブアメリカなどのコレクションになっていて、どうしてもそのような作品が中心かと思われますが、今回の個展では小品の展示が多く、小さなものでは20センチほどです。ところが、このように小さな作品でもやはりアーティストの力量が見て取れます。また、作品ははコンスタンティン・ブランクーシ、ジャン・アルプ、イサム・ノグチなどに代表される近代彫刻家に対する興味と、広い意味で今回のアスファルト作品作成のインスピレーションとなったマシュー・バーニーやロキシー・ペインなどの現代アーティスト作品への関心を組み合わせたものとなっています。マット・ギルが基本にする自然から発生する造形イメージをその優れた鋳造技術で独特の光沢や触感を作品に与えています。


「マット・ギル氏、Marx&Zavatteroにて」

今回の個展にあたり、マット・ギルは以下のようにその製作過程を説明しています。

私は朝食でテーブルについている時や夜、またある時にはテレビを見ながらや、たまたま時間を持てあました時など、とにかくいつもアイデアをスケッチしている。もし描いたものが気に入らなくてもそれを気にすることは無い。いつも簡単に物事が行くわけではなので、ただ単にずっと描き続けている。そうしているうちに何かが起こるのである。

スケッチされた物の中から「私を作ってくれ」と言われることで製作を始める。或る作品に対する気分や感情、または新しい作品の製作過程を視覚化すればするほど実際に製作することは容易になる。それは作品達がまるで自分達自身を創り出しているように感じることさえある。

その過程は、最初にある所へ行き、そして別の所へ行くというような旅行を計画することに似ている。少し迷ったらスケッチにされたもの(地図)に眼を向け、軌道修正を行う。スケッチブックの書き込みには新しい作品を完成する為に取った私の詳細なる過程が見えるはずだ。ある時にはそれが努力に値すると信じる勇気が必要だ。私にとって彫刻作品を制作することは製作を重ねる毎に楽しいものになってきている。そしてそれが更なる波及効果を生み出している。私が育った時代や場所が私の作品に反映されている。全ての完成した作品は私から天命を持って呼び出され、まるで生きていてこの世に生み出されたいと言うかのようにスケッチブックのページから飛び出してきたのだ。私が崇拝する全ての彫刻家達が私を呼び出し、あれを製作しろ、いやそれを製作しろ、またはこの作品は実際に作るまでにもっと作業やアイデアが必要だというのである。またある時はもう一度これを描き直し、本当にその作品に魂があるのかどうかを確かめよと。製作し魂を与えることで作品達は私の存在よりもはるかに長く行き続けることが出来るのだと。

「バラエティ・パック」とはまさに読んで字の如しなのである。これは私が昨年一年間に製作したものを集めたものなのである。スタイル、サイズ、色、材料、テーマなど、私にとってはアイデアが足りないということは無い。

実際に作品を目の前にすると、その質感の面白さに驚きます。作品のフォームは抽象でありながら、人の動きや物事の有様などを微妙に捉えていて見ていて飽きません。あるものは金属のように見えながらも、実はセラミックであったり、あるものは色つきのコンクリートと思っていたのがアルミニュウムだったりと、その意外さも面白さの一つです。また、今回はじめての試みとして製作されたアスファルトを使った作品は、材料のアスファルトがまるで漆のように深い黒色で、見た感じちょっとまだ濡れているような、不思議なものでした。熱いアスファルトに浸された金属はまだアスファルトが固まっていない為に独特の流れるような形状を生み出しています。これは思わず作品に手を触れたくなるようなとても興味深いものでした。

また、実際にお会いしたギル氏は、熱心に作品思考の過程や製作時の苦労話などを熱心に面白く話されていました。

このMatt Gil “Variety Pack”展はサンフランシスコのMarx&Zavatteroギャラリー (http://www.marxzav.com/index.php)にて6月4日まで開催されています。ご興味のある方は是非、KYFAまでご連絡下さい。

マット・ギル略歴
マット・ギルはカリフォルニア州サンノゼ市出身。サンノゼ州立大学から学士号を受けた後、1970年代からカリフォルニアにて個展、グループ展にて作品を発表。作品はサンノゼ美術館、サンフランシスコにあるバンカメビル旧本社、オークランド博物館シティーセンターなどのプライベートとパブリック両方のスペースで展示紹介されています。ギルの作品はサンフランシスコ近代美術館を含め、サンノゼ美術館、オラクル・コーポレーション(カリフォルニア州ベルモント市)、Allergen, Inc. (カリフォルニア州アーバイン市)、ヤフー(カリフォルニア州サニーベール市)、サックス・フィフス・アベニュー(ニューヨーク)、シドニー国際空港(オーストラリア)などの公私コレクションとして作品が蒐集されています。また、マット・ギルについてはサンフランシスコ・ クロニクル紙、ZYZZYVA、SF Weekly紙、ベイエリア・ガーディアン紙、アーキテクチャル・ダイジェスト紙、Artweek紙、artslant.com、Flavorpill.com 、カリフォルニア・アート・レビュー紙で取上げられ紹介されています。