kenjiyokoo.com Blog


フランク・ロイド・ライトと帝国ホテル(ライト館) その2

Posted in New! by Administrator on the April 28th, 2011

さて、先日は「フランク・ロイド・ライトと帝国ホテル(ライト館)その1で、現在愛知県の明治村に移築保存されている旧帝国ホテル中央ロビーについて書かせていただきましたが、今回はもう少し中に入ってお話したいと思います。

大変な完璧主義であったことで有名なライトは、旧帝国ホテルの建設の際もその完璧さを求める為の設計変更を度々繰り返し当事の経営陣との衝突が多くなり、ついには当初の建設予算150万円が6倍の900万円に膨れ上がるに至って、完成を前に解雇となってしまっています。ライトの建設予算と実際費用に関しては帝国ホテルだけではなく、その他数多くの例がありますので、ライトはクライアントを持つ職業人というよりも、アートの為にはクライアントはアーティストの言うがままになるべきだという感覚があったものと想像されます。


さて、そのような完璧主義者のライトだけあり、帝国ホテルの緻密な装飾デザインは天井照明、フロアー照明器具、家具、食器に至るまでホテル内の全てが統一されるものとなっています。ライトがデザインしたグラスや食器は今でもオールドインペリアルバーで使用されています。食器のデザインパターンである「Cabaret」と「Imperial」は後にティファニーが復刻版を作ったりもしました。今でも帝国ホテルに納品をしたノリタケから「Cabaret」パターンの食器は生産されています。



しかし、何といっても私が感動したのは屋外屋根の端にある銅板製のボックス型の天井装飾です。これは建物の外の装飾の一部ですが、屋根の庇にあたる部分に屋根からの水の流れをコントロールして雨水の流れ落ちる様を見せるようになっているそうなんです。

単に見た目のデザインだけではなく、そこに滞在する人に全てをライト流で経験させようというライトのアイデアには敬意を抱かずにはいられませんでした。


また、ガラスによって単に外部と内部を分けているのではなく、実はある意味中と外を繋いでいる役目を持つ窓枠とドアはは、縦横の桟の配置と金箔を挟んだガラスのアクセントでほんとうに美しいものとなっています。この金箔を挟んだガラスは旧帝国ホテルの様々なデザインに生かされている市松模様です。単なる四角いパターンの繰り返しのもかかわらず、あるときは日本的に、またあるときにはモダンに見え、和と洋をつないでいるかのようです。このデザインは京都桂離宮の松琴亭などを訪問し、日本の伝統文様や建築様式に深く感銘を受けたライトが、帝国ホテルをデザインするにあたりヒントにしたものと思われます。

このデザインは現在の帝国ホテルでもいたる所で使用されていて、そのオリジンが実はライトのこのデザインに由来しているというのはこの窓の桟を見るまでは実はよく気がついていませんでした。これなどは実際の建物を見て初めて実感できる感動かもしれませんね。

さて、最後に少し話は違うのですが、先日東京アメリカンクラブを訪ねた際に庭先にライトの帝国ホテルで使われていた大谷石壁彫刻の一部がひっそりとおかれているのに気がつきました。意外なところにこうやって残っているのに驚いたのを覚えています。

Leave a Reply