kenjiyokoo.com Blog


Davis&Davis(デービス&デービス)、Planet X(惑星X)展のお知らせ

Posted in Art exhibit,New! by Administrator on the March 26th, 2011

来る3月26日(土曜日)より、KYFAが提携いたしておりますサンフランシスコのMarx&Zavatteroギャラリーにてカリフォルニアのフォトグラファー、Davis&DavisによるPlanet X(惑星X)展を4月21日まで開催いたします。


Planet X, #16
43″ x 55″ (ed. of 8 ) and 28″ x 42″ (ed. of 5)
digital pigment print, 2010, Copyrights Marx&Zavattero

今展のテーマであるPlanet X(惑星X)とは、元々の定義としては海王星よりも遠い軌道を公転していると仮定される惑星サイズの天体をさしています。X はローマ数字の10を表すのではなく、「未確認」を意味するアルファベットのエックスなのです。冥王星は2006年8月以降は国際天文学連合により太陽系の惑星の定義が決定された際に惑星から外されたため、太陽系の第9番目の未確認惑星ということになっています。

Davis&DavisはPlanet Xシリーズでまた小さなプラスチックの人形を使い、彼らの特徴であるカメラレンズを通して表現される不思議な世界へと誘います。1950年代以降の冷戦への不安と同時に新しい世界への夢でもあった宇宙・惑星X。Planet Xシリーズではその世界はノスタルジックな宇宙世界です。小さなプラスチック人形達はそれぞれの舞台設定であるものは可笑しく、あるものは不思議な世界で生き生きと捉えられています。5センチにも満たないプラスチック人形がDavis&Davisが創り出したPlanet Xという舞台に立ち、カメラのフォーカスを当てられます。そこから生まれたのは巨大な写真(1メートルほど)に写し出されたプラスチック人形達はかつての人間が創造したSFの世界へと見るものを誘います。

Planet X展の期間中にサンフランシスコにお越しの際は是非、Marx&Zavatteroギャラリーにお立ち寄り下さい。また、KYFAまでご一報いただければ、同ギャラリーのプライベートツアーも行わせていただきます。是非お気軽にご連絡下さい。


Planet X, #12
55″ x 43″ (ed. of 8 ) and 39″ x 30.5″ (ed. of 5)
digital pigment print, 2006, Copyrights Marx&Zavattero


Planet X, #13
43″ x 55″ (ed. of 8 ) and 28″ x 42″ (ed. of 5)
digital pigment print, 2010, Copyrights Marx&Zavattero

Leave a Reply