kenjiyokoo.com Blog


ポスト・ワー+コンテンポラリー・アート・オークション

Posted in New! by Administrator on the February 26th, 2011

今日は2月24日に開催されたシカゴにあるWright20オークションハウスの「Post War+Contemporary」オークションについてです。

オークションと言うとネットをよく使う皆さんはヤフー・オークションやeBay等を思い浮かべられる方も多いと思いますが、本来はサザビーズやクリスティーズと言ったオークションハウスにて、それぞれのテーマで実際にその実物をオークションが行われる前に見ることが出来(また、オークションカタログと言ってその商品の説明と想定価格が記載されたものを受け取ることも出来)、オークション当日はその実物がオークションの舞台にかけられ、その場にいるバイヤー(ビッター)がビット(入札)を行うというものです。有名な作品や著名なコレクターの蔵品がオークションにかかるとなるとオークション会場は華やいだ雰囲気とともに期待が膨らみます。世界各国からのバイヤーやコレクターが電話での入札指示を出したり、バイヤー同士の入札競争になり価格が予想以上に高くなり、最終的に記録的な価格での落札などとなると会場からは驚嘆の声が上がることもあります。

さて、今日ご紹介するシカゴにあるWright20オークションハウスは規模は小さいながらも面白い現代アート作品を扱っていて、私もよくその落札価格動向を見ているところです。24日のオークションは「Post War+Contemporary」と題され、20世紀後半から現代に至るまでのアーティストの作品を扱っています。今回の作品は全て手に入れやすい価格のものばかりです。実際の結果を見てみると色々と面白いことが分かります。今回、競売にかけられた作品は全部で135点。その内落札(最終的に売却が成立)されたものは94点でした。

そのなかで最初にオークションにかけられたのは、世界的に有名なアーティスト、ダミアン・ハーストが自分の有名な作品「For the Love of God」(8601個のダイヤ(1106.18カラット)とプラチナで作られた18世紀の本物の人間の頭蓋骨をモデルにしたもので、ダイヤモンドだけの価値でも1500万ポンドもするもの。実際の作品にはオリジナルの頭蓋骨のうちの歯だけが使用されている。発表当時の価格は5千万ポンド(1億ドル)。)をモチーフにした限定スクリーン印刷の上にダイヤモンドダストを使用した作品(504/1000)です。

落札想定価格は2,000-3,000ドルで、実際の落札価格は2,125ドルでした。1000部限定の504ですので結構もう少し高い値段がつくかと思っていましたが、ダミアン・ハーストと言う有名アーティストの作品の割にはかなりお手ごろな価格での落札だっといえると思います。

また、当然落札されるであろうと思っていたダミアン・ハーストの「The Souls」(2010年、限定フォイル・ブロック・プリント、9/15)は想定落札価格5,000-7,000ドルでしたが、落札とはならず、「Lepidine」(2008年、限定メタリックシルバー&スクリーン印刷、55/150も想定落札価格5,000-7,000ドルに満たない4,063ドルでの落札となりました。

これは多分、ダミアン・ハーストのコレクターがあまり参加しなかったオークションの結果であったと思われます。このような場合に落札できた人はかなりラッキーですね。このようにオークションは往々にしてその時のオークションに参加している人達で大きく価格が左右されます。反対にあるオークション作品に2人以上のコレクターがビッド合戦を行ったりする場合には思いもよらず高い価格になることもよくあることです(これはネットオークションも同じですね)。

例えばこのオークションでもアンディー・ウォーホールの作品が出展されていました。それはウォーホールの「Cow」という1966年のシルクスクリーン作品です。因みにこの作品はオープンエディションで限定作品ではありません。

想定落札価格は2,000-3,000ドルでしたが、結果は想定価格の2倍以上の6,250ドル。確かにアンディー・ウォーホールは大変人気のあるアーティストで、ここ最近の価格動向を見ても今でも大変強いアーティストの一人と言えると思います。実際、故アンディ・ウォーホールの自画像が、2月16日にロンドンの競売大手クリスティーズで競売にかけられ、1,080万ポンド、日本円にして約14億5,000万円で落札(予想落札価格の2倍を超える)されたことが大きなニュースになりました。落札された自画像は、1967年に描かれた11枚の自画像シリーズの一つです。

確かにこのような話題の直後に行われたオークションであったのでこの作品(「Cow」)もつられてこのような値段になったとも言えると思います。因みに同じ作品が2010年の間に2点別のオークションにかけられていますが落札価格は(コンディション等の詳細は不明)2,750ドルと4,525ドルでした。オークションは如何に上手く広告をし、より幅広い人を対象に出来るようにするのが高価格で売却するコツなのだと言うことがよく分かります。今回の場合はオークションハウスの努力と言うより、たまたま時期が重なったと言うことではありますが。

このほか本オークションではある作品は想定価格を大きく上まって落札されることもあれば、ある作品は想定価格以下で落札されたり、結局、最低価格に届かず落札されないものなど色々ありましたが、全体を通していえるのはコンテンポラリー写真作品は比較的安価な結果、一方、世界的に知られるような大作家の作品は価格が高い位地で安定したもので終了したと言えると思います。

そういいながらも今回のオークションの中でかなりお得だった世界的に知られる大作家の作品もありました。アメリカの写真家、アンセル・アダムの有名な作品「Moonrise, Hernandez, New Mexico」で、想定落札価格は15,000-20,000ドルでしたが、最終的には11,475ドルでの落札となりました。

因みにこの作品は2009年12月にSwann Auction Galleriesで36万ドルという値段をつけたものと同じ作品です(13×17 6/16インチ、1948年版、10枚限定)。勿論、今回のオークションにかけられたのは1941年に撮られた作品を1970年に再創作したたもので(サイズ16×20インチ)です。それでも通常のギャラリーでは5万ドルぐらいの価格で販売されている作品(1970年版)です。また、Swann Auction Galleriesでは先の36万ドルで落札された作品以外に、同じオークションで1960年代に創作された作品も出されていましたがそれは4万8千ドルで落札されています。勿論、写真作品の場合でもその作品、作品で現像時に出る微妙な差やコンディション等で価格が左右されたりしますが、今回の11,475ドルというのはかなり破格の落札価格であったといえると思います。

いかがですか?コンテンポラリー・アートのオークションでの作品購入は思いがけない価格で落札することも出来れば、売却する場合にはどのオークションハウスを使うかでかなり価格が左右されるのもお分かりいただけたかと思います。勿論、今回のWright20でのオークション結果のうちのごく数点を例として取り上げただけで、全てのものに今回のことが当てはまるわけではありませんが、皆さんに少しでもオークション(インターネットではなく)のことが伝えられればと思ってこのブログとしました。

KYFAではコレクターのために世界各国のオークションハウスで行われるオークションの代理、お手伝いもさせて頂いております。ご興味のあるオークションでも外国となるとちょっとと考えられているコレクターの方がいらっしゃいましたら、是非一度お気軽にお声をお掛け下さい。お客様のニーズに合わせたサービスをご提供させていただきたいと思っております。

Leave a Reply