kenjiyokoo.com Blog


ルイーズ・ブルジョワを偲んで

Posted in New! by Administrator on the December 30th, 2010

さて、2010年も残すところあと一日となりました。今年最後のエントリーには私が個人的に大好きなアーティストで、2010年5月に98歳で亡くなられた彫刻家のルイーズ・ブルジョワをお話したいと思います。

ルイーズ・ブルジョワはフランスパリ出身のアメリカの彫刻家です。80歳を過ぎた1990年代にもその制作意欲は衰えることなく、次々と巨大な作品を発表し続けました。

日本では東京・六本木ヒルズに彼女の作品の一つ「MAMAN」(訳:「お母さん」)2002年製作が展示されていて、ご覧になった方も多いかと思います。

ルイーズ・ブルジョワはタペストリー修繕業を生業とする両親のもとに生まれますが、父の愛人が同居し、彼女の家庭教師として教育を受け育ちます。これは彼女のアーティストとしての表現に大きく影響を与えています。彼女はパリのソルボンヌ大学で数学を学んだ後、芸術家を目指しエコール・デ・ボザールなどで美術を学び、1938年に美術史家の夫とともにアメリカ・ニューヨークに移り、アーティストとしての活動を始めます。

彼女の作品のテーマには「不安」、「孤独」、「生命」、「力強さ」、「ジェンダー(性差)」などがあり、彼女がその生涯に感じたものをインスピレーションとし、ルイーズ・ブルジョアの独特な世界を展開させていきます。

サンフランシスコ近代美術館にもその作品は収蔵されていて、そのタイトルは「The Nest」(訳:「巣」)1994年製作です。この作品でも彼女の有名な蜘蛛が何重にも重なり、親が子を守るような造形となっています。

ルイーズ・ブルジョワは先にも述べたようにかなり屈折した家庭環境の中でその多感な少女時代を過ごし、暴君であった父親の下で抑圧されたものであったようです。芸術を始めたのも「家族が求める感情的なものから逃れる為」であり、「生き延びるにはそれ(アート)しか方法が無かった」と語っています。

また、彼女が好んで用いたモチーフである「蜘蛛」については、彼女は「蚊」が特に嫌いであったようで、その蚊を食べる「蜘蛛」がとてもきれい好きな生物であり、捕食する際にも相手より先回りを出来る思考能力や強靭な神経を持っている蜘蛛は、幼い時から見て育った父親の感情的言動に耐える母親の姿と重なって思えたとのことです。

このような背景をしてルイーズ・ブルジョワの作品を鑑賞すると、今までは巨大な蜘蛛の恐ろしく、グロテスクに見えていた作品が実は家族を思う気持ちや優しさが表現されていることを感じることが出来るのではないでしょうか。

例えば六本木ヒルズに展示される「MAMAN」は、よく見ると巨大な蜘蛛のおなかには大理石で作られた卵を宿しています。これは子孫繁栄の象徴であり、希望溢れる作品であるのがお分かりになるのではないでしょうか。

彼女がその生涯を通し、どこか不気味でありながらも美しく力強い作品を最晩年まで作り続け、これからもその作品に触れる人々に色々な思いを起こさせてくれる機会を作ってくれたことに感謝しています。皆さんももし機会があれば是非直接その作品を見てみてください。

それでは来る2011年も宜しくお願い致します。

Leave a Reply