kenjiyokoo.com Blog


ハーブ&ドロシー

Posted in Uncategorized by Administrator on the November 23rd, 2010

現在大変素晴らしいドキュメンタリー映画が上映されていますのでお知らせしたいと思います。

邦題「ハーブ&ドロシー」(Herb & Dorothy)はニューヨークに住む老夫婦。ハーブは郵便局員、またドロシーは図書館書司というけしてお金持ちとはいえない、この一見ごく普通の老夫婦が長年にわたり収集したアートコレクションが全米のアート世界を驚愕させることに!

慎ましい生活の中で約30年の歳月をかけ自分の気に入った作品をこつこつと買い集めていった二人。二人が買うアート作品の基準は2つ。1)自分達の給料の範囲で買える額であること、2)彼らの1LDKのアパートに収まるサイズの作品であること。

彼らのコレクションはその小さなアパートに4千点を超え、所狭しと並んでいる。またその作品は二人のコレクションが始まった1960年代からのモダンアートで、ミニマルアートやコンセプチャルアートという当時ではまだ評価の定まらないものであった。ほぼ毎日のように個展やアーティストのスタジオに足を運び実際に見て集めた。

また、買った作品は一度として売ったことはなく、彼らにとってはアートバブルも全く関係のないものだった。そのコレクションはいつしかアメリカのアート界でも有名になり、多くの美術館から譲渡の申し込みもあったが、最終的にはアメリカのナショナルギャラリーに寄贈。数点を売りさえすればすぐに億万長者になれるのに。。。寄贈を受けたナショナルギャラリーは二人が急に資金が必要になったときの為にと謝礼を払ったが、二人はそのお金でまたアート作品を買う…

この映画はドキュメンタリーで二人が住むアパートを映し出します。そこにはペットの猫や亀、金魚がいて壁はおろか、パスルームにまで作品が飾られています。美術館で見るのとは違い、二人のアパートにあるモダンアートの数々はとても人間的で暖かです。

私はこの二人のことをサンフランシスコにいるときにテレビのドキュメンタリーで知りました。映画になるよりもずっと前の話ですし、私自身もアートの仕事ではなく、普通の銀行員でした。でもその時に感じたセンセーションは今でも忘れられません。アートコレクションというと通常、大変裕福な人々がお金をかけコレクションしたものが多いのですが、彼らはまだそのアーティストが有名になる前からその才能に、その作品の素晴らしさに目をむけ、慎ましい生活の中からの資金で集めていったのです。その時に私が感じたことはアートコレクションというのは、自分の目を養いながら、自分の信じることをこつこつと続けていくことで、仮に大変裕福ではなくても出来るんだということでした。

そしてこの映画がまたその時に感じた私の感動を思い出させてくれました。皆さんももしチャンスがあれば是非この映画を見ていただきたいと思います。現在、東京渋谷のシアター・イメージフォーラムで公開中ですが、この後、順次日本各地で上映予定です。

映画の公式サイトは以下です。

http://www.herbanddorothy.com/jp/index.html

カリフォルニアワインとモダンアート(その3)

Posted in New! by Administrator on the November 17th, 2010

さて、ナパバレーのワイナリー、クロ・ペガスのご紹介もこれで3つ目となりました。今度はいよいよワイナリーのビジターセンターにあるモダンアート作品のご紹介です。

ビジターセンターに入るとすぐ右手にはリザーブルームギャラリー、左手には長いカウンターがあり、こちらがメインのワインテイスティングルームです。

さすがクロ・ペガスです。このビジターセンターには所狭しとアート作品が飾られています。先ず目を引くのはメインのワインテイスティングルームの天井と奥の壁につたって流れ出すようなクリスタルの照明作品。これはどちらもイタリアのガラスアーティスト、エンリコ・カプゾ(Enrico Capuzzo)の作品。カプゾの作品はロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館にもその作品があるのでご覧になったことのある方も多いと思います。

また、この部屋の壁にはアイルランド出身の画家、フランシス・ベーコン(Francis Bacon)作、「Scull of a Gorilla」が飾られています。フランシス・ベーコンは20世紀最も重要な画家の一人といわれる具象絵画のアーティストです。深い緑の背景に白の幾何学的線でゴリラの頭蓋骨を乗せる台を表しているように見えます。絵の中央にはゴリラの頭蓋骨が浮かぶかのように描かれています。ベーコンの作品は人間の不安を表現したような作品が多いですが、このゴリラの頭蓋骨の絵は非常に静かです。しかしながら背景に描かれる頭蓋骨を乗せる台は斜めになっており、頭蓋骨はいつ落ちてもおかしくないことに気づきます。

そしてリザーブルームギャラリーです。こちらには先にご紹介したマイケル・スクラントンの天井からぶら下がる大きなブロンズの玉が先ず目を引きます。また、壁沿いにはクロ・ペガスの「オマージュ・リザーブ・アーティストシリーズ」のワインが並んでいます。クロ・ペガスのリザーブの中でも最高級クラスのワインはこの「オマージュ」となり、毎年クロ・ペガスが所有するアーティストの作品がそのラベルを飾ります。ワイン好きのなかにはこのシリーズを全部集めてセラーにねかせている方も多いと聞きます。

この「オマージュ・リザーブ・アーティストシリーズ」の中で特に面白いものがあります。1988年のこのシリーズは以前のブログでも彫刻をご紹介したジャン・デュビュッフェ(Jean Dubuffet)の油絵、「Bedecked Nude」が使われました。

ご覧いただけるようにこの作品はデュビュッフェらしい抽象人物絵画です。

それでは、こちらの写真を見てみてください。実際にワインラベルとなった姿です。どうでしょう、二つの違いが分かりますか?

はい、お気づきになった方も多いと思いますが、右手のワインラベルはデュビュッフェの作品の下部分が短くなっています。アメリカではワインを含む酒類はFDAという政府機関が統括を行っています。ワインのラベルといえどもFDAの認可が必要なのです。そしてこのワインが市場に出回る前にFDAからそのラベルが「Obscene」(卑猥)であるとのことでストップがかかってしまったのです。そこでクロ・ペガスでは新しいラベルでは絵の下部分を切り取った新しいラベルで販売したといういきさつがありました。

アートの世界ではその時代時代でその作品が「卑猥」であるとして痛烈な批判を受けることがあります。同じようにこのラベルが問題になった頃はワインのラベルにそれが抽象がであっても男性器が描いてあるということでストップとなってしまったようです。私の個人的な意見ではこのラベルがオリジナルのままであってもけして「卑猥」とは考えもしなかったんですが。

こちらにはその他にもチリ出身のシュールレアリズムの画家、ロベルト・マッタ(Robert Matta)の1948年の作品、「Personage Rouge」や、

オランダ出身のカレル・アペル(Karel Appel)の作品「Personage」(1970年)、

フランス出身のオーギュスト・エルバン(August Herbin)の作品 「Man-Bird」(1928年)

等が飾られています。モダンアート好きには著名なアーティストの作品を目の前にしながらクロ・ペガスの美味しいワインをテイスティングできるという素晴らしい場所となっています。

Davis&Davisスモールプリント展の模様

Posted in Art exhibit,New! by Administrator on the November 15th, 2010

11月13日(土)に東京三田のKYFAにて行いましたDavis&Davisスモールプリント展の模様です。

お蔭様で多数のご来場者にお越しいただき、大変賑やかなレセプションを開催させていただきました。お客様からは従来の大きいサイズとはまた違った印象を受けるとか、今回のスモールサイズだと幾つかの作品を同時に見る事ができてよりDavis&Davisの世界が分かる等とのコメントをいただきました。

また、すでにDavis&Davisの作品をご覧いただいていたお客様からも日本初公開の作品を見ることが出来てよかったともいっていただきました。

Davis&Davisスモールプリント展は引き続きKYFAにてご覧いただけます。ご興味のあられる方は是非お気軽にご連絡を下さい。楽しみにお待ち致しております。

サンフランシスコ近代美術館(SF MoMA)

Posted in New! by Administrator on the November 2nd, 2010

SF MoMAはアメリカ西海岸で初めて出来た近代美術に特化した美術館。その設立は1935年とかなり古くからモダンアートに注目してきたところです。その収集品はマチスやピカソから現代の映像芸術まで幅広いものがあります。

先日ご紹介したディエゴ・リベラ、フリーダ・カロに続き、パウル・クレーの作品のご紹介です。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、SFMOMAにはパウル・クレーの作品が31点収蔵されています(2010年現在)。クレーの作品は詩的、音楽的なものを感じる方が多いのではないでしょうか。繊細な色使いと無心の子供にしか描けないような表現は、線、色を使った視覚のハーモニーです。SFMOMA収蔵作品の内、17作品についての動画を作成しました。是非ご覧下さい。

Davis&Davis(デービス&デービス)日本限定、Childish Things写真販売のお知らせ

Posted in Art exhibit,New! by Administrator on the November 2nd, 2010

大変お待たせいたしました!多くのお客様よりお問い合わせのあったDavis&Davis、Childish Thingsシリーズ日本限定スモールプリントのギャラリーオープニングを11月13、14日(土、日)に開催する運びとなりました。

今年7月に来日されたDavis&DavisはKYFAでのレセプションの席でのお客様との会話から、それまでの60.96×50.80cmが普通の日本家庭で飾るには大きいということを考慮し、日本限定ということで35.90x28.00cmのスモールサイズの「Childish Things」シリーズを作成、販売する運びとなりました。また今回のスモールサイズ版では計29種類の「Childish Things」アート作品が即入手可能となっております。

今回のギャラリーオープニングではその中から10作品にフォーカスを当てて展示を致します。

Davis&Davisの日本限定スモールプリントはサイズが小さいこと、また円高の現状もあり、大変お求め安いお値段となっております。

アメリカ美術館やコーポレートコレクションとなっているDavsi&Davis作品のオリジナルを是非この機会に如何でしょうか。

また、11月13日は午後6時から9時までのオープニングレセプションを開催いたしますので、皆様お誘い併せの上、お越しいただけますことを心よりお待ち申し上げております。

Davis&Davis、「Childish Things」スモールプリント展
場所: KYFA 港区三田1-1-12 レジディアタワー麻布十番2303
日付・時間: 11月13日(土)午後1時-9時/午後6時ー9時 レセプションパーティー同時開催
        14日(日)午後12時-6時
お問い合わせ:k_yokoo@kenjiyokoo.com

北海道旅行-札幌-札幌芸術の森-野外美術館 「隠された庭への道」

Posted in New! by Administrator on the November 1st, 2010

さて、先日ご紹介した札幌芸術の森、野外美術館より私が特に気に入った作品の中から、イスラエルのアーティスト、ダニ・カラヴァンの「隠された庭への道」を動画にしてご紹介いたします。

ダニ・カラヴァンが創り出す世界は、単に一つの彫刻作品だけではなく現地に出向いてその周りの自然と一体になった作品を創り出しています。またここではその寸法や数などに「7」という数字や、その半分の3.5や倍の14という数字がいたるところに使われています。

今回の訪問は夏の終わりでしたが、是非他の季節、特に冬にこちらを訪れてみたいと思いました。冬の景色の中でこの作品はどのように見えるのでしょうか?

それでは是非お楽しみ下さい。