kenjiyokoo.com Blog


アート投資について

Posted in Uncategorized by Administrator on the July 24th, 2009

最初にアート投資をしようと思っても、なかなか何をどういう風にしていいのか分からないとおっしゃる方は多いと思います。

ここではまず、アート投資というものを簡単に段階を踏みながら考えていきたいと思います。

アート投資を始めようと思われる方はまずご自分がどのようなアートに興味があるのかを考えてみて下さい。

単にアートといってもそのメディアは色々な物があります。例えば古代文明のアンティクイティー、西洋・東洋の古典的絵画、アンティークの家具、宝石、本、近代絵画、彫刻、モダンアート等々、古いもの新しいもの、ある意味、誰かがこれがアートであると思い、多くの人がそれに同意するのであれば、それはアートになり、またアートとして考えられていたものが時の流れとともに変わってしまうことさえあります。先に挙げたいくつかの例はあくまでもアートという範疇のごく一部のもので、アート自体は限りなく範囲が広いものであるとお考えください。

そんなに範囲が広いと何を選べばよいのか分からないとお考えになられる方は、私が先に述べたように、「自分が興味があるもの」ということを思い出してください。きっと、こういうものは前から気にかかっていた、なんとなく心が引かれたというようなアートの分野が何かしら思い浮かばれるのではないでしょうか。

それでは、ご自分が好きなアートカテゴリーがあったとして、今度はそれが果たして投資に向いているものなのかどうかを考えてみてください。投資であるということは将来的に価値が上がるであろうということですし、また、現状の価値がご自分が投資としてできる価格帯であるかということです。アート関係のお仕事をされている方々の中には、アートの価値が上がることを主眼にしてアートを購入するというのは間違っているといわれる方も多くおられます。ですので、ここではあくまでもアート投資を考えるということでのご提案であることをご理解ください。

アートの価値を「アート投資」ということに主眼を置いて金銭的なものではかるものとしましょう。安価なものであれば、それこそ子供のお小遣い程からでも買えるものから、著名オークションハウスで何十億、何百億円という値のつくものまで幅が広いものです。現状、ご自身がいくらぐらいまでアートに投資ができるのかを考えてみて下さい。現状お持ちである投資ポートフォリオを分析してみてください。それが不動産、金融商品だけである方は多いのではないでしょうか。投資に関してよく考えておられる方はポートフォリオの中身をリスク分散するために、いろいろな工夫をされておられます。

アート投資は他の投資とは根本的に違うことがあります。それは所有していることによりそのアートを楽しむことができることです。自分の好きなアートを身近に置くことにより日々の生活を豊かにすることができます。また所有するアートを通しお宅を訪ねられるご友人、顧客の方々との会話の話題にもなえます。またアートはブランド品や高級車とは違い良くない意味でのお金を持つことを見せびらかすようなことにはなりません。ご自分の趣味(テースト)を上手に表現することもできるのです。

また、アート投資は短期の投資ではなく中長期的な視野で見る必要があります。確かに現代美術(特に日本、中国、インド等の現代絵画)の中には数年で何倍、ある場合には何十倍にも価値が高騰することもありますが、通常は中長期間の保有で購入時の価格から上昇するのを待ちながら楽しむというのがアート投資の価値であると思われます。

2 Responses to 'アート投資について'

Subscribe to comments with RSS or TrackBack to 'アート投資について'.

  1. junkoiwata said,

    on August 4th, 2009 at 6:13 am

    アートが好きで美術館やギャラリーを訪れる機会があっても、いざ購入となるとなかなか勇気がいる物です。確かに投資として考えるとある程度高額な物を買った方が確実ですが、初心者にとっては気軽に買える物も多くあるという情報をのせていただければと思います。

    アート投資=敷居が高い というイメージがありますが、実際は若手アーティストだと数万円から購入できます。4月におこなわれた東京アートフェアでは金額がはる大きな物(数百万)より若手アーティストの小さな作品を気軽に買う人が多いように見受けられました。

    私自身アートディーリングをする友人を通じて東京の名のあるコンテンポラリーアートのギャラリーの人々と知り合うようになりましたが、実際購入するまで2年ほどかかりました。数多くの作品にふれ、自分の好みに合った物を選択できるまでには時間がかかりますし、知識も必要です。

    気軽に楽しめる、水先案内人のような情報も載せていただけたらと思います。たとえばアメリカのアート事情、提携ギャラリーのアーティスト情報などなど。


  2. on August 7th, 2009 at 1:48 am

    初めてのコメントをいただきました。本当に有難うございます。

    仰るとおり、「気軽に買える」アート投資というコンセプトをご紹介できるようにしてみますね。時間もかかるし、知識も必要というのはごもっともです。そこを私も皆さんにご理解いただけるようにがんばっていきますね。

    素晴らしいご意見有難うございました!これからもよろしくお願いいたします!

Leave a Reply